headband

脱毛方法には、光脱毛、レーザー、針など、様々な

脱毛方法には、光脱毛、レーザー、針など、様々な方法があります。
ここでは光脱毛に向いている方についてみていきたいと思います。

・敏感肌の方
敏感肌の方は、毛抜きやカミソリなどを用いた自己処理でも、肌トラブルが起こって悩んできたことと思います。
せっかく、ムダ毛が除去できても、翌日に肌が赤みを帯びたり、毛穴にブツブツのようなものができることがあるようです。
これでは、せっかくムダ毛を除去して肌をきれいにしても、無駄な努力となってしまいます。
敏感肌であれば、自己処理ではなく、脱毛サロンでプロの施術を受けることをお勧めします。そして数ある脱毛方法の中でも、光脱毛が最適です。
光脱毛は出力数が弱いため、何度も施術を受けなければなりませんが、肌への負担は軽く済みます。

・埋没毛の方
埋没毛とは、皮膚の下に毛が埋め込まれてしまっている状態を意味します。
埋没毛の自己処理はかなり難しいです。
イメージするだけで痛みを感じてしまうかもしれませんが、埋没毛を処理するにはピンセットで皮膚の中をほじくる程度の処理となります。
しかし、光脱毛であれば、埋没毛もしっかり脱毛できます。
特に、肌の黒ずみで悩んでいた方は、光脱毛を受けることで美しい肌を手に入れられます。

・アトピーを発症している方
光脱毛は、皮膚科医も効果が認めるほどの効果が得られ、さらに安全性も高い方法となっています。
サロンについては、肌ケアを入念に行うところを選ぶようにし、不明点や不安点があれば、事前に質問をし、納得いく回答を得たうえで施術を受けることをお勧めします。



光脱毛のデメリット



光脱毛はメリット面が大きいからこそ、今も支持されていますがデメリットと取れる部分も。
どちらも把握した上で、どの脱毛方法にするかを検討すると、失敗することがありませんので、デメリットについて説明します。

・脱毛効果としては低い
毛質や量に大きく左右されるので、全ての方に言えることではありませんが、クリニックの脱毛機器よりも出力が劣る分、完璧な脱毛効果は得られなかったという方もいます。
細い毛・産毛は脱毛効果が低いですし、白髪も黒い色素にしか反応しない光脱毛の特質上、脱毛できません。
そして、光脱毛は永久的な脱毛効果を得ることはできないと言われています。
これは、光脱毛の出力では毛の再生力を阻止することが難しいため。
数年後に毛が再生してしまうこともあります。

・施術が受けられない可能性がある
光脱毛は黒い色素に反応して脱毛していくという特性があります。
ですから、皮膚が黒いまたは日焼けをしている方には、ヤケドのリスクが高くなるために施術ができないこともあります。
また、同じ理由でホクロや痣がある部分にも施術が難しいでしょう。

・皮膚トラブルの可能性もゼロとは言えない
光脱毛はエネルギー出力が弱いので、安全性が高いと言えますが、トラブル事例も少ないながら報告されています。
ですが、その多くは技術者の力不足によるもの。
光脱毛は長時間同じ部位に照射してしまうと、ヤケドのような症状を引き起こしてしまうのですが、技術者がこうしたミスをしてしまうことでトラブルに繋がっているようです。
最近はたくさんの脱毛サロンが格安で光脱毛を提供していますが、技術力は確かか?という点は、体験コースを試してみるなどして確認しておくと良いでしょう




光脱毛は目に悪影響?

光脱毛は、とっても簡単に説明すると、光を照射して脱毛していくという仕組みになっています。
ですから、目への影響を心配する方も多いでしょう。
光脱毛を行っているサロンでは、目の安全を配慮して、サングラス(もしくはゴーグル)を準備してくれています。
サロンによって、脱毛方法は光の種類が違いますので、目にかかる負担と、対策を事前に確認しておくことをお勧めします。
基本的には、目に近い顔脱毛の時はサングラスやゴーグルを装着するかと思います。
もちろん、光脱毛器本体も照射部位以外に光が分散しないような構造になっていますので、それほど過剰に心配しなくても大丈夫でしょう。

光脱毛を行っているサロンは、やはりプロですから、目の危険は当然措置が取られます。
問題なのは、家庭用の光脱毛器です。
家庭用脱毛自宅で気軽にできるということで、とても魅力的なのですが、説明書通りに使用しないとトラブルを引き起こしてしまう原因になってしまうので、注意が必要です。

家庭用脱毛を愛用されている方は、必ずサングラスで目を保護してあげましょう。
そして目の近くは照射回数を控えるなどして、最大限に配慮してください。
小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、手の届かない場所に保管しておくこともとても大切なことです。

最近の家庭用脱毛は中には脱毛サロンにも引けを取らないようなすばらしい性能のものを誕生しました。
ですが、その分、管理方法や扱い方にはより注意が必要なのです。
説明書で禁止されていることはもちろん、自己流でのケアはとても危険ですので、絶対にやってはいけません。
詳しく調べたい方はこちら⇒脱毛サロンランキング
pagetop

メニュー

Copyright(C) 2012 脱毛方法には、光脱毛、レーザー、針な All Rights Reserved.